〈みるきくしる〉美を愉しむ/地元の古美術・画廊巡り
New way to enjoy antique

  • |2017.02.14

    美を愉しむ 地元の古美術・ 画廊めぐり

    New way to enjoy antique

    通が行きつけの骨董店

    往時は白洲正子や小林秀雄、青山二郎など識者も「骨董通り」に通った。
    骨董・古美術専門の月刊誌「目の眼」の編集長である白洲信哉氏が、このエリアでおすすめの骨董店を紹介する。
  • |2017.01.17

    美を愉しむ 地元の古美術・ 画廊めぐり

    New way to enjoy antique

    渡邊省亭「雪中の鴨図」

    明治期のもっとも優れた日本画家のひとり、渡邊省亭(わたなべせいてい)。近代文化の幕開けの時代に、いち早く世界に視野を広げ、高い技術と優れた感性で活躍しました。ところが、欧米諸国で広く知られ、印象派に強...
  • |2016.10.18

    美を愉しむ 地元の古美術・ 画廊めぐり

    New way to enjoy antique

    日本一の「骨董通り」、ここにあり

    京橋、日本橋をまたぐ東仲通りを、別名“骨董通り”と称することをご存じだろうか。古くは江戸時代に端を発し、大正・昭和、そして平成の今も“日本一”と言っていいほどの骨董・古美術商が集積している。戦前はかの...
  • |2016.04.26

    美を愉しむ 地元の古美術・ 画廊めぐり

    New way to enjoy antique

    伊藤若冲「芭蕉叭々鳥図」

    江戸時代、京都で活躍した日本画家、伊藤若冲。既存の概念にとらわれず、写実と想像の融合や、斬新な画法や素材を取り入れるなど、同じ江戸時代の画家、曾我蕭白、長沢芦雪と共に「奇想の画家」と称され、高い評価を...
Pagetop