〈たべるかう〉東京で、Discover Japan
Discover Japan

|2016.09.16

買い物も、ホテルも、病院も ─ 世界中から、いらっしゃい

明治屋 京橋ストアー 明治期から輸入品を先駆的に販売

このまちは古くから、江戸東京の中心地として、世界に開かれていることを実感する。
ルネッサンス様式の美しい建物として、ひときわ目を引く明治屋京橋ビルは昭和8(1933)年に創建。地下鉄の駅と一体化した民間の建物としては、最古のものという。中央区有形文化財にも指定され、2年間の免震工事を経て、昨年リニューアルオープン。細部まで創建当時のデザインに戻し、美しく蘇った。一階の「明治屋京橋ストアー」では輸入品を中心とした食料品が豊富に揃う。

明治屋は明治18(1885)年、磯野計によって横浜で創業。当時はシップチャンドラー(船舶納入業)として、船舶関連の食品や雑貨の輸入販売を手掛け、やがて食品などを一般向けにも販売するようになる。
明治21(1888)年には、いち早くフランスからワインを輸入。さらに横浜居留地で製造されていたビールを全国に一手販売し、キリンビールの基礎を築く。他にもウスターソース、バター、コカ・コーラなど、明治屋がいち早く扱い、ポピュラーになったものには枚挙にいとまがない。

現在、京橋ストアーでは約八百種類のワインが揃えてあり、ファン垂涎のヴィンテージ品や大勢で楽しめるマグナムサイズもある。
また、かき氷のシロップ、ジャムや缶詰といった明治屋ブランドも主力商品だ。大正6(1917)年に発売された缶詰の苺ジャムは「MY印イチゴジャム(復刻版)」(700円)として販売、今も手に入れることができる。ザラメを使用した昔ながらの製法で、少しだけ酸味を加えているという。また京橋ストアーのリニューアルを記念したレトルトカレー「京橋カレー」(399円)もお土産に人気だ。

外国人の利用客に人気なのは、すぐに食べられるフルーツ類やドリンク、煎餅やあられといった日本のスナック類。また、小さなこも樽の日本酒などや梅酒もよく売れるそうだ。

(右)昭和8(1933)年竣工当時の、明治屋京橋ビル。イタリア・ルネサンス様式のオフィスビルで、繊細かつ華麗な装飾が随所に表現されている
(下左)2015年にリニューアルオープンした、明治屋京橋ストアーの正面入り口。地下鉄京橋駅に直結している  (下右)見やすく商品がならぶ店内
[左]2015年にリニューアルオープンした、明治屋京橋ストアーの正面入り口。地下鉄京橋駅に直結している [右]見やすく商品がならぶ店内

住所: 中央区京橋2-2-8
TEL: 03-3271-1134
営業時間: 10時〜21時
定休日: 無休
WEBサイト: http://www.meidi-ya-store.com/store_guide/kyobashi.html

ホテル龍名館東京 浴衣やおしぼり、お香の香り。ホテルで和のもてなし

東京駅と日本橋駅、どちらからもアクセスが良い「ホテル龍名館東京」。エレベーターに乗ると、京都・松栄堂の線香「堀川」の甘い香りが漂う。

創業明治32(1899)年。姉妹店であるホテル龍名館御茶の水本店は、幸田文の小説「流れる」に登場する老舗旅館であり、東京店も高級旅館として愛されてきた。平成21(2009)年にリニューアルし、現代風のビルディングホテルに。けれど、チェックインの時にはおしぼりを出すなど、旅館式のもてなしを続けている。

現在の宿泊客の割合は日本人客と外国人客が半々。外国人客の内訳は2割が中国からの旅行者で、残りがアジア、アメリカ、オーストラリアからという。外国人宿泊客に特に好評なのが、浴衣のサービス(日本人は要リクエスト)だ。浴衣姿をSNSにのせ、お土産にと購入していくという。またビュッフェスタイルの朝食は、和食が中心で煮物、焼き物などの家庭料理を揃えている。ビジネス客にも日本の味を楽しんでほしいという心配りだ。仕様は近代的なホテルであっても、もてなしの心はあくまで「旅館」なのだ。

住所: 中央区八重洲1-3-22
TEL: 03-3271-0971
WEBサイト: https://www.ryumeikan-tokyo.jp/

日本橋高島屋 昭和八年創建、重要文化財指定の百貨店

そのクラシックな外観で、まちのランドマークのひとつである日本橋高島屋。昭和8(1933)年創建、高橋貞太郎設計のコンセプトは「東洋趣味ヲ基調トスル現代建築」。日本建築の手法である釘隠しが使われるなど、和洋折衷のデザインを特徴とし、その後、村野藤吾による増築が行われて現在の姿が完成した。

正面のエレベーター6基は、専門の案内係が手動で運転する今では希少なもの。真鍮の蛇腹、外から内側が見える様式に海外からの客も感嘆の声を上げるという。また月1回、コンシェルジュによる重要文化財見学ツアーも行っている。


(右)平成21(2009)年、百貨店建築初の重要文化財指定を受けた日本橋髙島屋の店内。昭和初期から現存する百貨店建築で、内外装ともに当初の姿を保っている(撮影・渡邉茂樹)

住所: 中央区日本橋2-4-1
TEL: 03-3211-4111
営業時間: 10時30分~19時30分
定休日: 不定休
WEBサイト: https://www.takashimaya.co.jp/tokyo/

亀田京橋クリニック 英語と中国語に対応、国際的なクリニックの存在

京橋駅直結の商業施設・オフィスビルである東京スクエアガーデン。平成25(2013)年オープンしたばかりの新しいランドマークだ。施設内の「亀田京橋クリニック」は、千葉県鴨川の亀田総合病院のサテライトクリニック。外科、内科、婦人科など全部で二十二科が診療を行っている。常駐医師十人に加え、亀田総合病院の医師、約四十人が非常勤で診察にあたっている。亀田総合病院は国際的な医療機能評価であるJoint Commission International(JCI)を取得しており、亀田京橋クリニックも今年中に受審予定である。

銀座に隣接し、また施設内のオフィスに勤務する外国人も多いという土地柄、毎日のように外国人の来院がある。口コミでやってくる患者も多いそうだ。

外国人向けに、英語、中国語(簡体字)のリーフレットを用意。英語、中国語が話せる看護師が常駐しているだけでなく、日常会話程度なら英語で対応できるスタッフを増やしている。また女性外来があることから、フロアを男女エリアと女性エリアに分けるなど、女性患者に対する配慮も十分だ。外国人だけでなく、来院するすべての患者に対し、細かな気配りが随所に感じられる。

住所: 中央区京橋3-1-1東京スクエアガーデン4階
TEL: 03-3527-9100
WEBサイト: http://www.kameda-kyobashi.com/ja/

シャングリ・ラ・ホテル 東京

ミシュランでも最高ランクと評価されたラグジュアリーホテル。美しい夜景が堪能できる。

住所: 千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館
TEL: 03-6739-7888
WEBサイト: http://www.shangri-la.com/jp/tokyo/shangrila/

コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション

京橋駅から徒歩1分、銀座、日本橋へも徒歩圏内。客室はアパルトマンのイメージをインテリアに採用。

住所: 中央区京橋2-1-3
TEL: 03-3516-9600
WEBサイト: http://www.cytokyo.com

ホテルメトロポリタン丸の内

東京駅、日本橋駅に直結。夜は都心の夜景が堪能できる、東京駅上空の”天空ホテル”

住所: 千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー27-34階
TEL: 03-3211-2233
WEBサイト: http://www.hm-marunouchi.jp

フォーシーズンズホテル丸の内 東京

東京駅に直結。客室数57室と小規模ゆえのきめ細やかな対応を心がけている。

住所: 千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内
TEL: 03-5222-7222
WEBサイト: http://www.fourseasons.com/jp/tokyo/

■浦島館
京橋駅から1分という好立地。旅館スタイルで和室もあり、3、4名が同室も可。

住所: 中央区京橋2-8-15
TEL: 03-3563-0588

■パールホテル八重洲
東京駅、日本橋ともにアクセスのよい、隠れ家的ホテル。

住所: 中央区八重洲1-2-6
TEL: 03-3264-8080
WEBサイト: http://www.pearlhotels.jp/yaesu/

■八重洲ターミナルホテル
東京駅から徒歩3分。出張などのビジネス時にも旅行時にも使えそうな利便性のよいホテル。

住所: 中央区八重洲1-5-14
TEL: 03-3281-3771
WEBサイト: http://www.yth.jp

■アパホテル銀座 京橋
京橋駅から徒歩2分、宝町から徒歩1分。エコノミーな価格で出張などにも使える。

住所: 中央区京橋3-6-7
TEL: 03-5159-5311
WEBサイト: http://www.apahotel.com/hotel/shutoken/31_ginza-kyobashi/

■相鉄フレッサイン 東京京橋
京都、東京、千葉、神奈川で展開するホテルチェーン。銀座にも近く、観光にも便利。

住所: 中央区京橋2-11-1
TEL:  03-5250-2031
WEBサイト: http://fresa-inn.jp/kyobashi/

■ホテルハイマート
東京駅八重洲口から徒歩1分のビジネスホテル。手頃な価格帯が人気。施設内に麻雀クラブも。

住所: 中央区八重洲1-19-1
TEL: 03-3273-9411
WEBサイト: http://www.hotel-heimat.com

TEXT: 野村麻里
東京人2016年7月増刊より転載。
Pagetop