〈むかしみらい〉東京クロニクル
TOKYO chronicles

  • |2016.08.11

    東京クロニクル

    TOKYO chronicles

    京橋の街並み、いまむかし

    「白木屋傳兵衛」は、天保元年(1831)に銀座で創業して、幕末に京橋へ移ってきました。このあたりは「竹河岸(がし)」といって、京橋川の水運で竹の問屋や小売のお店が多くありましたから、そこから竹や箒草も...
  • |2016.04.27

    東京クロニクル

    TOKYO chronicles

    戦前/戦後の子供たちの遊び場

    戦前の子どもの楽しみは、西河岸地蔵寺の縁日
    私の実家「星重」は明治20年にマグロ屋の鑑札として創業し、日本橋にあった魚河岸で仲買の仕事をしていたと聞いています。関東大震災後に、親父が呉服橋の角、ちょ...
Pagetop