〈さんかする〉イベント詳細
Event information

|2017.10.16

クリエイションの未来展 第13回 清水敏男監修 「鈴木基真展 MOD」[LIXILギャラリー]

「クリエイションの未来展」第13回目となる今回は、美術評論家の清水敏男氏監修のもと現代美術の作品展「鈴木基真展 MOD」を開催します。

彫刻家 鈴木基真氏は、これまでアメリカ映画に登場する風景をモチーフに、建物や街を独特のスケールに置き換えた木彫刻を制作してきました。一見すると玩具のような愉しい世界ですが、よく見ると映像の光学的な歪みを表現しており、その視覚のズレに気づいた時、わたしたちは感覚をゆさぶられるような不思議な体験をします。

鈴木氏は2017年VOCA奨励賞を受賞しました。その作品はライトボックスによる「Ghost」シリーズです。「Ghost」は、木構造と粘土の塑像で玄関ポーチや窓を制作したのち、写真撮影をして、140㎝ほどのライトボックスに仕立てたものです。光を背後から受けて薄闇に浮かぶドアや窓は、鈴木氏の特徴であるざっくりとしたテクスチャに乱反射して揺らいで見えます。まるで灯りが瞬き、家人の気配や話し声まで聞こえてくるような不思議なリアリティです。

展覧会タイトルの「MOD」とは、「Modification(変更)」の最初の3文字で、PCゲームにおいてユーザーが自由にゲームの改造や追加を行うことを言います。いつも鈴木氏の作品の風景には人物が登場しませんが、そのことによってわたしたちは自らを主人公に置き換えて自由に想像を膨らませることができます。

本展ではライトボックスシリーズ「Ghost」 3点のほか、新作の木彫刻を含む 7 点を加えた 10 点を展示します。


期間: 2017年10月12日(木)~12月24日(日)

開館時間: 10:00~18:00

休館日: 水曜、11月26日(日)

観覧料: 無料

協力: Takuro Someya Contemporary Art

WEBサイト: http://www1.lixil.co.jp/gallery/contemporary/detail/d_003863.html

【トークイベント】
・2017年10月30日(月)18:30-19:30 清水敏男 × 鈴木基真
・2017年12月2日(土)18:30-19:30 伊藤 誠 × 鈴木基真

【ワークショップ】
「リピクセル」木キューブを使って好きな風景をつくろう
日時: 2017年12月5日(火)、12月12日(火)  各回18:00~(2時間程度)

「クリエイションの未来展」第9回の監修者、清水敏男について
清水敏男  Toshio SHIMIZU:
TOSHIO SHIMIZU ART OFFICE代表取締役、学習院女子大学・大学院教授、キュレーター、美術評論家。
1953年東京生まれ。ルーヴル美術館大学修士課程修了。東京都庭園美術館、水戸芸術館現代美術センター芸術監督を経て、現在は展覧会やアートイベントの開催、パブリックアートのプロデュースを中心に活動している。最近の主な活動に、「上海万国博覧会日本産業館トステムブース・アートディレクション」、「東京ミッドタウン・アートワーク」、「豊洲フロント・アートワーク」、「名古屋ルーセントタワー・アートワーク」、「いわて県民情報交流センター・アートワーク」、「ミューザ川崎・アートワーク」、「オノ・ヨーコ BELL OF PEACE 平和の鐘(学習院女子大学)」、「THE MIRROR」、「大手町フィナンシャルシティ」がある。

《Ghost #2》  2016  Light box with color transparency  h61 × w121.5cm  photo : Ken Kato

Pagetop