タグ別コンテンツ一覧 | history

  • |2016.09.24

    Vol.5 戸田建設

    早稲田大学の大隈講堂や神田の学士会館、目黒の旧朝香宮邸、横浜の税関庁舎など、昭和の名建築の数々を手がけてきた戸田建設が、京橋の地に拠点を定めたのは、今から118年前にさかのぼる。
  • |2016.09.23

    Vol.4 東京建物

    日本で最も古い歴史を持つ総合不動産会社である東京建物が設立されたのは、明治29(1896)年。東京市日本橋区呉服町十八番地(現・中央区日本橋二丁目永代通り沿い付近)に「株式会社東京建物」の看板を掲げ、...
  • |2016.09.22

    江戸町火消しを描き続けて

    まるで、錦絵の中から江戸町火消したちが動き出して纏をふるい、木遣りを響かせる声が聞こえてくるようだ。何といきいきとした絵だろう。半纏の着方や柄、細かな道具やしぐさに至るまで精密に時代考証を行い、
  • |2016.09.22

    Vol.3 清水建設

    上野の東京文化会館や国立西洋美術館、幕張メッセや東京湾アクアライン「海ほたる」などを手がけ、創業212年の歴史をもつ清水建設にとって、京橋は「第二の創業の地」とされる縁の深い土地だ。
  • |2016.09.21

    女将さんの、底力。

    このまちの、あの店には、温かな笑顔と、さりげない心配りでもてなしてくれる女将がいる。
    客のことも、店のことも、その繁栄を願い、表で裏で勤めるその姿をご紹介。
  • |2016.09.21

    Vol.2 コンタツ

    酒類の総合卸を営むコンタツは、大手の商社や流通企業ではできない商品の開拓や、地域へのきめ細やかなサービスも行う、日本橋の老舗問屋だ。その歴史は、大正13(1924)年にさかのぼる。
  • |2016.09.20

    Vol.1 味の素

    第五の味覚として、今や国際的にも認められている「うま味」。その成分を発見したのは、帝国大学理科大学(現東京大学理学部)教授・池田菊苗という人物だ。独自の研究を重ね、明治41(1908)年、
  • |2016.09.09

    第五回 関東大震災

    大正12(1923)年9月1日に関東大震災がおこりました。未曾有の巨大地震による被害は甚大で、もちろんこの八重洲・日本橋・京橋エリアも例外ではありませんでした。今回の東京寫眞館は、その当時の貴重な写真...
  • |2016.09.01

    2020年、未来に繋げたいまちの誇り

    かたや江戸期から続く老舗の大旦那。かたやオリンピックの舞台でアイスホッケー選手として活躍したのち、家業を大幅に方向転換させた3代目。どちらにも共通するのは、自店だけでなく、まちの活性化にも尽力する姿勢...
  • |2016.08.31

    「旧町名」から読み解く、江戸城下町の特性

    江戸時代の町名(旧町名)には、さまざまな職や商売の名が用いられており、同じ職業の人々が同じ場所に集まって、住まいや店を構えていたことがわかる。
    たとえば元大工町(八重洲一丁目・日本橋二丁目)は番匠(...
  • |2016.08.11

    京橋の街並み、いまむかし

    「白木屋傳兵衛」は、天保元年(1831)に銀座で創業して、幕末に京橋へ移ってきました。このあたりは「竹河岸(がし)」といって、京橋川の水運で竹の問屋や小売のお店が多くありましたから、そこから竹や箒草も...
  • |2016.08.09

    第46回 名橋「日本橋」橋洗い

    毎年7月第四日曜日に開催される『第46回 名橋「日本橋」橋洗い』。
    その名のとおり、日本橋を洗うイベントが7/24(日)に開催されました。
    集まったのは、地元町内会や周辺企業、近隣の小学生など、日...

RECOMMED

  • 編集部おいしいものリレー
Pagetop