〈さんかする〉イベント詳細
Event information

|2018.09.14

SEITEIリターンズ‼︎ 〜 渡邊省亭展〜 孤高の神絵師、再降臨‼︎

昨年大好評を博した渡邊省亭の企画展が、再びやってきます。
ほとんどの作品が今回新たに集められたものばかりです。
日本国政府とフランス政府合同主催の「ジャポニスム2018」の公式企画として、10月から開催されるパリのギメ東洋美術館での「Meiji-Splendors of Imperial Japan.(1868-1912)(明治―大日本帝国の光彩)」への作品出陳も決まった渡邊省亭。本展は、フランスよりも一足先に日本でまとまって作品を見られる絶好の機会となります。

渡邊省亭は、往年の偉大な業績にも関わらず、日本美術史では長らく忘れ去られていました。弟子もとらず、画壇にも属さず、ひたすら画業に専念したこの孤高の絵師の作品について、近年再評価が進んでおります。明治150年、省亭没後100年の本年に生きる私達が、今こそ彼の偉大な画業への再評価を確たるものにすべく、本展を開催するものです。

◆本展のみどころ◆
「十二ヶ月」十二幅対作品
一月から十二月までそれぞれの月をテーマに描いた十二幅対が勢揃いします。その格調高雅な筆致で描かれた花鳥画は、圧巻の一言です。省亭らしい清雅な美の共演に、誰しも思わず息を呑むことでしょう。

濤川惣助による七宝作品
省亭が描いた下絵を、流麗な工芸の形へ昇華させた濤川惣助(なみかわそうすけ)の七宝作品も展示いたします。渡邊省亭×濤川惣助といえば、いまも赤坂迎賓館の花鳥の間を瀟洒に彩る古今無双のゴールデンコンビです。

『1878年万博美術傑作集』
1878年に開催された第3回パリ万博の美術部門の図録『1878年万博美術傑作集』に渡邊省亭が挿絵を描いています。本展ではその貴重な傑作集の現物も展示いたします。

ミニ図録の販売
今回の展示作品を集めたミニ図録を販売いたします。お土産にしやすいかさばらないサイズです。

◆イベントを開催◆
ギャラリートークセッション 
日時:2018年9月23日(日)16:00開始
ゲスト:泉屋博古館分館分館長・野地耕一郎氏×アートテラー・とに〜氏×鳥博士・高橋雅雄氏
会場:加島美術
※予約制。申込締切済。
※ギャラリートークセッションの様子を渡邊省亭のfacebookページ(https://www.facebook.com/watanabeseitei/)にて、ライブ配信いたしますので、当日までにぜひページをフォローしてくださいね。

◆あらためて・・渡邊省亭とは◆
幕末、嘉永四年(1851)に江戸神田佐久間町に生を受け、大正七年(1918)に東京浅草東三筋町にて没した孤高の絵師です。近代日本の黎明期からその成長と共に生きた画家と言えます。日本最初の輸出国策会社の社員として、林忠正などと共にパリに派遣された最初の日本画家です。菊池容斎や柴田是真に私淑し研ぎ澄まされた画家の江戸美意識が、ジャポニスム流行の時流に乗り、パリで冴え渡ります。彼の地ではドガやマネなど印象派の画家たちにも影響を与え、パリ万博では銅牌を受賞します。
帰国後は、七宝工芸家の濤川惣助と共に迎賓館赤坂離宮(旧東宮御所)の装飾にあたりました。また挿絵画家としても活動し、多くの出版物に携わっています。

<イベント概要>

日 時:2018年9月15日(土)~9月29日(土)
    10:00~18:00まで(会期中無休)

場 所:加島美術
         中央区京橋3−3−2
         東京メトロ銀座線「京橋」駅3番出口徒歩約1分
         東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅6番出口徒歩約2分

観 覧 料:無料

展示点数:約35点

主 催:一般社団法人 日本美術継承協会

企画協力:SEI-RIN、加島美術

後 援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、日仏会館・フランス国立日本研究所

WEBサイト: http://www.watanabeseitei.org/

Pagetop