〈さんかする〉イベント詳細
Event information

|2018.10.05

クリエイションの未来展 第17回 第一期:「Wander From Within」[LIXILギャラリー]


「クリエイションの未来展」の第17回目となる今回は、アートディレクターの清水敏男監修のもと二つの展覧会を開催します。

この度のテーマはクリエイションの未来へ向けての継承とフィールドの拡大です。第一期 Adrian Cheng×内田繁「Wander From Within」(2018年9月29日~10月28日)は、日本を代表するインテリアデザイナー内田繁のクリエイティブな才能が未来を作る世代に引き継がれていくプロジェクトを紹介します。第二期 枯山水サラウンディング「I'mpermanent」(2018年11月1日~12月25日)では既存のクリエイションの枠を打ち破る「音」の表現を探求します。

◆第一期 Adrian Cheng × 内田繁 「Wander From Within」 のみどころ 
第一期は、2016年惜しまれつつ世を去った日本を代表するインテリアデザイナー内田繁が最後に手がけたプロジェクト「Wander From Within」を日本で初めて公開するものです。このプロジェクトは香港の企業家でK11芸術財団創設者のAdrian Chengが内田繁の作品に共鳴し、家具の共同開発を約束したことで始まりました。その過程で内田繁は亡くなりましたがその遺志をついだ内田繁デザインの家具が実現し、2017年4月ミラノサローネで初めて公開され、ついで同年9月には韓国で発表、このたびようやく故国の土を踏むこととなりました。

「Wander From Within」は、内田繁がめざしてきた軽さ、薄さ、透ける、重なりなどの東洋的な境界の考え方をもとにデザインされた家具です。またAdrian Chengが唱える人間本来の手仕事の重要性 (Artisanal Movement) によって「量産しない」「ヒトの技がつくる」「長く大切に使われる」「自然素材でつくる」「エネルギーを浪費しない」など未来の美しい生活環境を考える思考が込められています。


◆第二期 枯山水サラウンディング 「I'mpermanent」のみどころ 
第二期では「音」の表現を取り上げます。「音楽」または「音」は現代の芸術表現の重要な要素でありながら視覚芸術である「美術」と超えがたい一線があります。
1950年代に瀧口修造を中心に音楽家と視覚芸術作家が集まった「実験工房」では音楽と美術のコラボレーションがありました。しかし「音」そのものが視覚にたよらない芸術表現として成り立つ可能性を追求しているのが「枯山水サラウンディング」です。
本展覧会では「枯山水サラウンディング」の新作 " I'mpermanent " を展示します。

「枯山水サラウンディング」は、クリエイティブデイレクターの内田学を中心に音楽家/エンジニア/プログラマー/デザイナーなど様々なフィールドのアーティストが集まり結成した「人」と「音」の関係を新たな視点で提案するプロジェクトです。 音の扱いを作庭術「枯山水」になぞらえ、先端のマルチメディア技術と独自開発した音響処理技術を応用し、公共空間に「音の人工庭園」を現出させます。2007年の結成以来、数多くのアートプロジェクトへの参加、公共空間への作品設置、企業イベントや自主企画イベントなど、音にまつわる様々な活動を展開しています。


<イベント概要>
会期: 第一期 2018年9月29日(土)~10月28日(日)
    第二期 2018年11月1日(木)~12月25日(火)

開館時間: 10:00~18:00

休館日: 水曜、2018年11月25日(日)

入場料: 無料

企画制作: 株式会社LIXIL

協力(第一期): 株式会社内田デザイン研究所、香港K11芸術財団

協賛(第二期): 株式会社タグチグラフテック、ガスアズインターフェイス株式会社

WEBサイト: http://www.livingculture.lixil/topics/gallery/g2-1809/

Pagetop