〈さんかする〉イベント詳細
Event information

|2018.11.27

日本・スウェーデン外交関係樹立150周年~スウェーデン映画への招待~ [国立映画アーカイブ]


日本とスウェーデンが国交を樹立してから150年を迎えた記念すべき本年、国立映画アーカイブは、スウェーデン映画協会と共同で、スウェーデン映画の特集上映を開催します。


本特集は、2年前に開催したスウェーデン無声映画特集に続く、トーキー映画の大規模な回顧上映となります。
人口や経済の規模において、決して大国とは言えないスウェーデンは、しかし、多くの素晴らしい映画を生み出してきました。それは、世界映画史においてしばしば言及される、無声映画期の充実した作品群や巨匠イングマール・ベルイマンの作品にとどまりません。さまざまな映画作家たちが、厳しくも美しい自然や北欧独特の季節のリズム、文学や演劇の豊かな伝統、福祉国家としての歩み、二度の大戦における中立政策など、スウェーデンに固有の自然や歴史/社会的条件の下、ユニークな作品を撮ってきました。
本特集では、ベルイマン作品や同国出身の女優イングリッド・バーグマンの出演作品はもちろん、スウェーデン国民が愛した大衆喜劇やメロドラマ、スウェーデン映画史上の重要作、また、ボー・ヴィーデルベリやヤーン・トロエルら1960年代に台頭した新世代の映画作家たちによる革新的作品など、日本未紹介の作品を多数含む、1934年から1982年までにわたる計30本(24プログラム)のスウェーデン映画を上映します。これほど時代や監督、ジャンルのバラエティに富んだスウェーデン映画特集は過去に類を見ず、スウェーデン映画の歴史を体系的に知ることができる絶好の機会になるでしょう。


さらにスウェーデン皇太子の貴重な訪日記録映画も加え、ぜひお見逃しなきよう、皆さまのご来館をお待ち申し上げます。


<開催概要>

期間:2018年11月27日(火)-12月13日(木)、12月15日(土)-12月23日(日・祝)

休館日: 月曜

会場: 国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU(2階)

定員: 310名(各回入替制・全席自由席)

料金:一般520円/高校・大学生・シニア310円/小・中学生100円/障害者(付添者は原則1名まで)、
   国立映画アーカイブ及び東京国立近代美術館のキャンパスメンバーズは無料
・チケットぴあにて全上映回の前売券(全席自由席・各100席分)を販売中。詳細はWEBサイトをご覧ください。

講演会 :「トーキー以降のスウェーデン映画史~モランデルからトロエルまで」

日時:12月8日(土)1:55~2:55pm(終了時刻は予定)
講演者:カイサ・ヘードストルム Kajsa Hedström(スウェーデン映画協会映画遺産部)

*逐次通訳付き
*入場無料
*当日1回目の上映をご覧になった方は、そのまま講演会に参加することができます。講演会のみの参加もできます。

トーク追加のお知らせ(11/14追記)
カイサ・ヘードストルム氏による追加トークが決まりました。
日時:12月7日(金)「イングリッド・バーグマン選集」上映前(3:00pm~)
   12月9日(日)『牢獄』上映前(1:00pm~)

*トークは15分ほど(通訳含む)を予定しています。
*トークのみの参加はできません。


WEBサイト:http://www.nfaj.go.jp/exhibition/sweden201810/


 

ここにあなたの人生がある (169分・1966・SF・監・脚・撮:ヤーン・トロエル)

俺たちはモッズと呼ばれる (100分・1968・SFI・監・脚・撮:ステーファン・ヤール・監・脚:ヤーン・リンドクヴィスト)

ミス・エイプリル (100分・1958・エローパ・フィルム・監・脚:ヨーラン・イェンテレ)

<作品リスト>

1. カール=フレードリク 統治す (90分・1934・SF・監:グスタヴ・エードグレーン)

2. ペンション「楽園」 (78分・1937・ストックホルムフィルム・監:ヴェイレル・ヒルデブランド)

3. キャリア (107分・1938・イーレフィルム・監:シャミール・バウマン)

4. 〈イングリッド・バーグマン選集〉 (計140分)

5. 参考上映▶ スエーデン皇太子殿下同妃殿下御来朝 (9分・1926・日活)
  炎は燃える (107分・1943・SF・監:グスタヴ・モランデル)

6. 露は溢れ雨は落つ (103分・1946・フリーバリス・フィルムビュロー・監・脚:グスタヴ・エードグレーン)

7. 見知らぬ港 (85分・1948・サンドレヴス・監:エーリク・“ハンペ”・ファウストマン)

8. 牢獄 (80分・1949・テッラフィルム・監・脚:イングマール・ベルイマン)

9. 母というだけ (101分・1949・SF・監・脚:アルフ・シューベリ)

10. 娘とヒヤシンス (89分・1950・テッラフィルム・監・脚:ハッセ・エークマン)

11. 春の悶え (108分・1951・ノーディスク・トーネフィルム・監:アーネ・マットソン)

12. 道化師の夜 (93分・1953・サンドレヴス・監・脚:イングマール・ベルイマン)

13. ミス・エイプリル (100分・1958・エローパ・フィルム・監・脚:ヨーラン・イェンテレ)

14. 貧民街 (101分・1963・エローパ・フィルム・監・脚:ボー・ヴィーデルベリ)

15. 〈アーネ・スックスドルフ選集〉 (計135分)

16. ここにあなたの人生がある (169分・1966・SF・監・脚・撮:ヤーン・トロエル)

17. 天使のともしび (83分・1967・サンドレヴス・監・脚:シェル・グレーデ)

18. ガールズ (100分・1968・サンドレヴス・監・脚:マイ・セッテリング)

19. 俺たちはモッズと呼ばれる (100分・1968・SFI・監・脚・撮:ステーファン・ヤール・監・脚:ヤーン・リンドクヴィスト)

20. まともな人生 (102分・1979・ヤール&リンドクヴィスト・フィルムプロダクション・監・脚:ステーファン・ヤール)

21. スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー (120分・1970・エローパ・フィルム・監・脚:ロイ・アンダーソン)

22. 刑事マルティン・ベック (113分・1976・SFI、SF・監・脚:ボー・ヴィーデルベリ)

23. ピカソの冒険 (113分・1978・スヴェンスカ・オード、SF・監・脚:ターゲ・ダーニエルソン)

24. 参考上映▶ スエーデン皇太子殿下同妃殿下御来朝 (9分・1926・日活)
  アンドレーの北極気球探検行 (141分・1982・SFI・監・脚・撮:ヤーン・トロエル)

※上映作品の詳細はこちらをご覧ください。

Pagetop