〈さんかする〉イベント詳細
Event information

|2019.08.01

TOKYO 2021 建築展 [京橋]

「TOKYO 2021」は、超高層ビルに建て替わる前の戸田建設本社ビル、大規模開発の前夜を舞台に行われるアートイベントです。2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックは、メディアから演出された日本が国内外に発信される機会になります。そこで表層化される日本像とそこに引きずられる価値観に対し、本企画では「建築」と「現代美術」のふたつの展覧会を通じ「2021年以降を考える」ことに大マジメに向き合います。アートの観点だからこそできる、これまでの日本の都市史、美術史の再解釈と、これからの新しいヴィジョンを、東京を舞台に展開します。

TOKYO 2021 建築展
建築家のコレクティブによる未来への提言


都市の前提が揺らぐ現代社会の変化を背景に、ポストオリンピック・パラリンピック=2021年以後の東京の都市状況を
「東京=島京2021」をキーワードに考えたいと思います。
建築の教育現場では建築家から架空の設定をもとに課題が出され、それに対して提案が制作されます。
課題には時代性や出題者の建築観が盛り込まれます。
今回は建築家である中山英之、藤村龍至が「東京=島京2021」の現状に対するオルタナティブを問う課題を作成し、
“考える現場” としての建築展を提案します。
参加者はプロジェクトメンバーとして総勢13名の建築家とともに展示期間の1ヶ月間を通じて制作と議論を続け、
提案をまとめていきます。
最後にはゲストを迎え討論を行い、来場者と共に東京の未来像について考えます。

<イベント概要>

日時:2019年8月3日(土)~8月24日(土)
   オリエンテーション:8月3日(土) 11:00~16:30
   公開ワークショップ:8月4日〜8月23日 11:00~20:00
   公開講評会:8月24日(土)午後

会場:TODA BUILDING 1階 中央区京橋1-7-1
   東京メトロ銀座線「京橋駅」6番出口より徒歩2分
   東京メトロ銀座線、東西線「日本橋駅」B1出口より徒歩4分
   都営浅草線「宝町駅」A5出口より徒歩5分
   JR「東京駅」八重洲口より徒歩8分

入場(見学料):無料(事前登録制(外部サイト(Peatix)へ移動します)

ディレクション:中山英之

課題作成:藤村龍至

プロジェクトメンバー:
 浅子佳英、成瀬友梨、西澤徹夫、藤原徹平、吉村靖孝、
 岩瀬諒子、木内俊克、常山未央、中村航、連勇太朗

総合ディレクション:藤元明

企画アドバイザー:永山祐子

主催:戸田建設株式会社

運営:TOKYO 2021 実行委員会

WEBサイト: https://www.tokyo2021.jp/about/

Pagetop