〈たべるかう〉 編集部おいしいものリレー
From Editors

|2018.10.31

ここ滋賀 イートインスペース [日本橋]

こんにちは、編集部員KRです。

今日は滋賀県のアンテナショップ「ここ滋賀」のイートインコーナーに行ってみました。

「ここ滋賀」は、都内で滋賀県の魅力が体感できる施設としてオープンしてちょうど1年
目。高島屋と三越を結ぶ中央通り沿い、日本橋交差点に面した好立地のためか、物販コー
ナーは平日でもなかなかの賑わいでした。

中央通りに面した販売窓口から、おにぎり、ソフトクリーム、コーヒーなどを注文できます
が、同じものを店内イートインコーナーで食べることもできます。

席に座ると、中央通りが目の高さ。日本橋を行き交う人々の流れを眺めながらしばしのんび
り。お店の方がとてもフレンドリーなので、カウンター越しに滋賀のおすすめ情報などを聞
けるのも楽しいですよ。

「みずかがみの三方にぎり」は、滋賀のブランド米「みずかがみ」を使用。冷めてもふっく
らもちもちした食感が保たれる、おにぎりに適したお米だそうです。
おにぎりメニューは、塩にぎり、湖魚佃煮、奥伊吹の梅、近江牛、など。具材は滋賀の食材
です。

今日のチョイスは、「塩にぎり」と「ウロリと山椒味噌」に決まり。それと「お漬物の盛り
合わせ」を注文しました。ん〜!早く食べたい!

三角形のコロンとしたおにぎりのフォルムがかわいらしくて思わずにっこり。
まずは塩にぎりをパクリ!新米のみずみずしさを感じます。噛むほどに、米粒一つ一つから
甘みが出てきて、口の中においしさが広がります。お米の国に生まれた幸せとともに、しみ
じみ噛みしめました。

おにぎり二個め、ウロリとはハゼの仲間の小魚。(一説によるとゴリの別称とも?)
夏に旬を迎える「琵琶湖の味」で、地元では、甘辛く煮て、味噌や山椒と和えて楽しむそ
う。
お漬物の「大根の株割り」と「茗荷の柴漬け」も、もちろん、滋賀産。ご飯のおいしさをよ
り引き立てます。

ふー、満たされました!
このあとは、物販コーナーで「滋賀の味」のお土産を選ぼうかな。

WEBサイト: https://cocoshiga.jp/

RECOMMED

  • Front of TOKYO -イノベーションの舞台-
  • 東京寫眞館MAP
Pagetop